教えて!融資のキホン(資金調達)

中小・ベンチャー企業が利用できる融資制度

テキスト枠上部

中小・ベンチャー企業が利用できる融資制度には以下の4つがあります。

日本政策金融公庫の国民生活事業融資信用保証協会経由の制度融資金融機関からのプロパー融資ノンバンクからの事業者ローン
テキスト枠下部

新規創業者が利用できる機関

日本政策金融公庫 (略称:日本公庫)

民間金融機関からの融資が難しい、経営基盤が脆弱な中小企業や新規創業者を支援することを目的とする政府系金融機関です。

以前は国民生活金融公庫(=国金)の名称で親しまれていました。

とりわけ創業2年以内の事業者に対して無担保・無保証人で1,000万円までの貸付を行う「新創業融資制度」、開業から5年以内の事業者に対しては「新規開業資金」など、起業家を優遇する様々なメニューが用意されています。

信用保証協会 (別称:マル保、しんぽ)

大企業に比べて成長性や経営のリスクが大きい中小企業と、金融機関の間をとりもつ架け橋として、全国52ヶ所に設けられている公的機関です。

保証協会は中小企業の求めに応じて銀行借入の保証を引き受け、万一返済ができなくなったときは、保証協会が会社に代わって銀行に返済することになります。

保証協会経由の制度融資には、小規模資金保証や一般資金保証の他、特定業種にのみ適用される緊急保証制度などのバリエーションがあり、その中から最適なものをチョイスすることができます。

戻る

メイン終了
コンテナー終了